青山学院大学 国際センター

image

在留資格認定証明書

入学予定者が日本の在留資格を有していない場合や在学生が休学などで日本の在留資格を失効して復学をする場合、本人または日本在住の代理人が、地方出入国在留管理局に「在留資格認定証明書」の交付申請を行い、取得後、本人が母国の日本国大使館または領事館において在留資格「留学」の査証の発給申請を行う必要があります。申請から取得までに1~2ヶ月の期間を要するため、できるだけ早めに申請手続を行って下さい。なお「在留資格認定証明書」の有効期限は発給から3か月です。
本人または代理人(本人の親族や経費支弁者)による申請を希望される場合は、大学作成の所定の書類が必要なため、該当する学生本人が速やかに所属キャンパス国際センターへ連絡してください。
なお、現在海外に居住しており、大学による代理申請を希望する場合、本学にて出入国在留管理局へ申請を行います。ただし、「在留資格認定証明書」の審査は法務省が行うため、不許可となった場合、大学が責任を負うことはできません。

出入国在留管理局への申請書類

<入学予定者>

【入学予定者用】出入国在留管理局への申請書類はこちら

<復学生>

【復学生用】出入国在留管理局への申請書類はこちら

国際センターへの書類・データ送付締切

※期日にかかわらず、資料が揃い次第郵送してください。郵便が遅れるとビザ発給も遅れ、新学期の授業に間に合いません。

<入学予定者>

1次締切:2022年12月14日
2次締切:2023年1月31日 ※1
3次締切:2023年3月3日 ※2

※1 2次締切は、学部合格者で入学手続を2段階手続方式で完了した方のみ

※2 3次締切は、大学院・専門職大学院合格者で入学手続を2段階手続方式で完了した方のみ

<復学生>

【2022年度後期からの復学者】

締切:2022年6月10日

【2023年度前期からの復学者】

締切:2022年12月10日